Xperia Z5 Premiumのグローバル機E6853に、2016年7月14日からアップデートが提供開始されておりました。
今回はOTAを使わずXperiFirmとFlashtoolでクリーンインストールしてみます。

準備

  1. 過去記事「Windows10におけるADB接続とROM書込環境設定」の内容を行います。
  2. XperiFirm5.0.0を入手してインストールしておきます。

手順

  1. XperiFirmを起動して左のツリーからE6853を選択、中央のリストからCustomized HK(今回の機種は香港版の為)を選択、右の画像下のビルド番号32.2.a.0.253をクリックします。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_01
  2. Flashtoolを起動してメニューからTools→Bundles→Createを選択してBundlerウィンドウを表示させます。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_02
  3. ダウンロードしたフォルダを指定、Deviceを選択、BrandingとVersionに区別が付くよう名前を入力、folder list内ファイルを全て選択して[->]ボタンを押します。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_03
  4. ファイルが全てFirmware contentに移動した事を確認した後Createをクリックします。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_04
  5. 暫く待ちます。
    torrentファイルも作成されますが必要なのはftfファイルのみです。
  6. Flashtoolを起動して雷アイコンをクリック、Flashmodeを選択、OKをクリックします。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_05
  7. 先程作成したファイル(E6853,32.2.A.0.253,Customized HK)を選択しFlashをクリックします。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_06
  8. この画面が表示されたら電源の切れている本体をボリュームダウンボタンを押しながらUSBで接続します。
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_07
  9. Flashing finished.がログに表示されるまで暫く待ちます。(約10分くらい掛かります)
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_08
  10. USBを切断して本体の電源を入れ完了です。(この初回起動も時間が掛かります)
    xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_09

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<





スポンサードリンク


まとめ

今回のバージョンアップ内容は、不具合修正とBluetooth機能アップのみです。
セキュリティアップデートは無くビルド32.2.A.0.224と同じく2016-04-01です。
自分でビルド出来る様になれば良いのですが苦戦している最中です。
今回、Flashtool内蔵のものではなく単独のXperiFirmを使ったのは最新版を使用したかっただけです。(XperiFirmは最新版でも問題有りません)
それにしてもOSの容量も随分大きくなってきておりftfで2.45GB、インストール後のAndroidシステムで9.42GBと、もはやPCのOS並ですね。
system.sinの書き込みで止まってしまったのかと勘違いしてしまうくらい時間が掛かります。
今回の作業手順は、機種名を読み替えれば他のXperiaでも通用します。
xperia-z5-premium-e6853-update-32-2-a-0-253_00

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク