随分前にXperia Z5 Premiumのグローバル機E6853を購入しておりました。
すっかり忘れて放置していたので、タイミングが遅くなりましたが早速開封の儀をしてみます。

EXPANSYSでXperia Z5 Premiumを確認してみる!

スペック概要

※ドコモHPから抜粋

サイズ 高さ約 154mm×幅約 76mm×厚さ約 7.8mm
電池パック装着時の重さ 約 181g
連続待受時間
(静止時)
LTE:約 490時間/3G:約 510時間/GSM:約 400時間
連続通話時間
(音声通話時)
LTE:約 1330分/3G:約 860分/GSM:約 800分
実使用時間 約 77時間
充電時間 約 140分
急速充電 対応
バッテリー容量 3430mAh
ディスプレイ 種類 4K TFT
(Triluminos® Display for Mobile / トリルミナス® ディスプレイ for mobile)
サイズ 約 5.5inch
解像度(ピクセル数) 横2160×縦3840ピクセル
OS AndroidTM 5.1(AndroidTM 6.0対応 )
内蔵メモリ ROM 32GB
RAM 3GB
プロセッサ Qualcomm MSM8994 オクタコア
2Ghz(クアッドコア) + 1.5Ghz(クアッドコア)
対応UIM nanoUIMカード
その他 メインカメラ有効約2300万画素CMOS
microSDXC(最大200Gバイト)
キャップレス防水
指紋センサー
ハイレゾリューション音源再生
DSEE HX
LDAC
デジタルノイズキャンセリング(ハイレゾ再生と両立)
S-Force Front Surround
ヘッドフォン自動最適化
防水防塵 IPX5/IPX8、IP6X

開けてみました

シンプルな梱包ですが特に問題はありませんでした。
E6853_01

化粧箱表面です。
最近のXperia、というかスマホと同じようにコンパクトに収められています。
E6853_02

化粧箱裏面です。
E6853_03

開けてみます。
アクセサリーの電源ケーブルを確認しておりませんでしたが、日本仕様に適合してなかったと思います。
後で確認してみます。
E6853_04

本体表面です。
私のスマホはいつも中古品ばかりなので新品を自分用に卸すことを躊躇してしまいますw
E6853_05

本体背面です。
Z3、Z4のカッパー(銅色)も良いですがゴールドも良い色合いですね。
NTTdocomoのカラバリにはなく、一見してグローバル機であることがわかります。
でも、ゴールドは日本人好みではなく派手なのが好きな隣国好みのような気がします。
docomoでゴールドを採用しなかった理由はその辺りなのかもです。
E6853_06

Sonyの技術の結晶であるGレンズのロゴが光ります。
E6853_07

香港版なので言語設定変更しましょう。
E6853_08

事前に購入したバンパーと強化ガラスです。
これを取り付けてみたいと思います。
E6853_09

バンパーの色は、ゴールドよりもシャンパンゴールドの方が本体色と色の違いが少ないので違和感がないかと思います。
E6853_10

初電源投入っ!
Sony独自アプリはある程度入っているものの、キャリア謹製ゴミアプリは入っておらず綺麗な状態で良しです。
E6853_11

画面サイズ6.4インチのXpeira Z Ultraとの表面の比較です。
E6853_12

裏面です。
ズルトラもこれはこれで絶妙サイズで素晴らしいが、この5.5インチXperiaもポケットに入りやすく良いのではないでしょうか。
E6853_13

新(Z5Premium)旧(Z Ultra)の電源ボタン比較ですが、今までどおりのデザインが良かったです、残念(T_T)
バンパーを付けるので指紋認証は使わないことから尚更です。
E6853_14

早速docomo回線が使えるか試してみました。
事前に確認はしておりましたがLTEが拾えてホッとしました。
E6853_16

購入時のAndroidバージョンは5.1.1です。
ですが、この投稿作成時には既に6.0アップデートが落ちてきているので、XperiFirmで香港版(Customized HK)をダウンロードしてFlashToolでアップデートしています。
只のアップデートなのでDRMキー消失など不具合はありません。
E6853_17

ベースバンド等です。
やはり、バンド19(800MHz帯)、21(1.5MHz帯)に対応していないので、電波の掴みが悪くなったり途切れる場合がdocomo端末より多くなるかもしれません。
これについてはまだ屋外に持ち出していないので未確認です。
BootloaderUnlockは許可されています。
E6853_18

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!





スポンサードリンク


まとめ

グローバル機なのでBootLoaderUnlock可能ですが、DRMキーが消失してカメラの性能が劣化するなど様々な影響が有りそうなので、対応策を調べるまで少し保留にしてみます。
何かと悪い話題の多いSoCであるSnapdragon810搭載機種ですが、10分くらい動画を撮っても若干ホカホカになるものの動画アプリが落ちることはないので、常用しようか検討しているところです。
ベースバンドについては、エリアを追加できるか確認してみます。
機能とは別の話ですが、見た目や触り心地に高級感があり、なかなか所有欲が満たされます。
香港からの輸入サイトであるEXPANSYSで購入してみました。
一年前にNexus7リファービッシュ品を購入したとき壊れていた事もあり(もちろん返品しましたが)個人的印象は良くなかったので、少し心配しましたが5日間くらいで無事滞りなくに届いたので安心しました。

新品を落としたらショックなのでとりあえず引き出しにしまっておくことにしますw

EXPANSYSでXperia Z5 Premiumを確認してみる!

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!




スポンサードリンク