Xperia Z4が発売されました。

乗り遅れた感がありますが、期待していた分、残念度が半端なかったものでしてw

発熱問題等

話題性を高めるため、酷使した状態で温度を測る方も居るのかも知れませんが、それでも80℃超えとか如何なものでしょう(^^;)
これだけ騒がれていると、本当なのか確認するため今すぐ入手して試したくなります。
でも同CPUを採用した他メーカーの夏モデルも同じ問題が出ている様であり、Z4のみの問題ではなくちょっと安心しました(何が(笑))

しかし、これほど高熱だと、リチウムイオンバッテリーの急激な劣化も考えられるので、中古を購入するときはその点を考慮した方がいいですね。

今後アップデートを予定しているのかも知れませんが、OTAやFlashtoolで行えるのはAndroidのみでありSoCファームの変更は不可能であった気がします。
自動車みたいにリコール等で回収され基板交換等有れば可能かも知れませんが、現実的ではないような気がします。
一瞬、外部ヒートシンクやヒートパイプ内臓ケースなどオカしな考えも頭によぎりましたが、ガラス面に付けるなど伝導効率も悪いし、見た目、重さ共にトンデモないことになりそうです(笑)おとなしくZ3を使用した方が良いです。

アップデートによる発熱対策は、温度上昇によるリミッターを更にキツく掛けるだけなのでしょうか?
でもそうすると折角の64bit最新CPUの恩恵が余り受けられなくかも知れず非常に残念です(T_T)
ベンチマークもZ3に惨敗な噂がw
でも殆どCPUの問題なので、幾つも他社製品があり、Z2の様に販売打ち切りにはなるとは思えず一安心です。

samsungの夏モデルはExynos 7420 Octa Coreという自社CPUを採用しましたが発熱問題が解決しない限り自社路線で行く気なのでしょうか。
自社でたくさん半導体を作っているメーカーは違いますな。

sonyを含む他メーカーは、Qualcommとの今後の取引など大人の事情から、発熱問題は判明していても採用せざるを得ない状況であったのではないでしょうか。

私は半年から1年くらい待ち、次のZシリーズの発表後、Z4を購入するか考えてみます。
ウィンドウ付きカバーやガラスプロテクターも買ってしまいましたしw
半年落ち、発熱問題有り、バッテリー劣化、といった理由から中古価格もかなり下がると予想しております(希望)

結局、最新機種を求めるよりもコストパフォーマンス重視の私はこの方法になりそうですw
ただし、購入直後バッテリー交換も必要になるかも知れませんので、その費用も計算に入れておく予定です。

でも、いい機会があれば早めに入手したいと思っています。

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!





スポンサードリンク


参考リンクです。
公式
ソニーモバイルコミュニケーションズ
ベンチ&発熱問題
Xperia Z3+(Z4)のベンチスコアが低いと海外で話題 – すまほん!!
Xperia Z4(Z3+)のベンチスコア、海外でも現行フラッグシップに惨敗 : スマホ口コミ評価速報
アクセサリ
XperiaZ4気泡 が簡単に消え自然に貼り付く キズが付きにくい日本製 強化ガラス
ウィンドウ付きカバー SCR30
アプリ(既存機種をZ4みたいな壁紙するアプリ)
Sony Mobile、Xperia Z4対応のスタイルカバーウィンドウのテーマアプリをリリース

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!




スポンサードリンク