マインドマップツールは情報をまとめるのに非常に有用なツールです。
断片的な情報でもとりあえず追加しておけば、記事作成中に利用価値が見いだせなかったその断片情報を活用出来たりと思いがけない効果を発揮します。
はっきり言ってができます。
ところで「XMindでマークダウンとはどういうこと?」とお思いでしょう。
要は、マインドマップで効率よく記事をまとめて、見出しにマークダウン記号をつけて、文節毎にトピックを分けてエクスポートがてらpタグつくよう空白行を設けてしまおうと画策した結果どうなったか?、です。
こいつ何言ってるかわからん」現象に陥った方は続きを読み進めてみて下さい・・・!

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<





スポンサードリンク


マインドマップとは


トニー・ブザンが提唱した発想法であり書籍も出版されています。

中心にメインテーマを置いてそこから周りに放射するようにキーワード、想像、発想を描いて行けるので、思考を整理して発想を豊かにすることができるツールとされています。

マインドマップのメリット

考えていることを断片的にでも文字化することができます。
情報などまとめたいことを枝分かれさせてマップ内に放り込めるので全体が把握しやすくまとめやすくなります
難解なことも細分化して文字にすることで問題の解決糸口がみつかることも。
とくに、情報をうまくまとめて記事にしたい時などは深く考えずに情報を放り込むことで自然と枝分かれして見出しもつけやすくなります。

マインドマップのデメリット

「きれいにまとめながら書かなくてはいけない」

「そもそも書き方が分からない」

と思っている人が多いとかもしれませんが書き方は本当に自由です。

あなたの考えや発想やまとめたいことを文字化するツールなので書き方を気にする必要はありません。

基本的な使い方も1分で覚えられます。

つまりデメリットはほぼありません。

マインドマップツールのメリット

元は紙に記述する発想法なのですが、現在はパソコンなどでマインドマップツールがいくつもリリースされています。

当然パソコン上で動作するソフトなのでいくらでも書き直せます。

そして一番のメリットとして記事でいう「見出し単位」「文節単位」で入れ替え自由だということです。

テキストエディタではカットアンドペースト中に誤操作してしまうこともありました。

ですがマインドマップツール上では各単位でブロックとして移動させられるので、誤操作をかなり抑えることができます。

今回はマインドマップツールで情報をまとめて、マークダウン記法で記事化して、テキストファイルにエクスポートするという手順で進んでいきます。

さらに後述するエクスポート時に、文節がトピック毎に分かれていると空白行を挿入しつつテキストファイルにエクスポートされるという便利な仕様になってます。
※マークダウンからhtmlに変換時、空白行があるとpタグが自動挿入され見やすくなります

マインドマップツールは無料で使いやすいXMindを選ぶ

XMind以外の無料マインドマップツールにはFreeMindがありますがXMindのマップの見やすさにはかないません。

この記事ではXMindを利用して進めていきます。

ただXMindはわずかに重いソフトなのであなたのパソコンの性能によって重さの幅がさらに上下するかもしれません。

マインドマップツールXMindの使い方

XMindの準備

XMindのサイトからダウンロードしてインストールして起動します。

Windows版とポータブル版の2つから選べますが、今回はインストール版である「Windows版」を選びました。

ポーダブル版は圧縮ファイル形式になっていますので好きなところに展開(解凍)して中の実行(exe)ファイルを起動させてください。

マップを開いて設定

「ファイル→新規」を選び新規マップ選択画面から「マップ」をクリックします。

「プロフェッショナル」をダブルクリックします。

「中心トピック」が表示されるので右クリックして「構造→ロジック図(右)」を選択します。
※好みのスタイルにしただけで必要な操作ではありません

情報をまとめて記事を作成

XMindのキー操作は、Tabキーで右に子トピック枠の作成、カーソル(↑↓←→)キーでトピック間のカーソル移動、Delキーでトピック削除です。

マウス操作では、ドラッグアンドドロップでトピック自体を移動させることができます。

最低限これだけ覚えれば今すぐ使えます。

あとはマークダウン記述が必要なこと以外は完全にあなたの自由です!

思う存分書きまとめて下さい・・・!

記事をエクスポート

「ファイル→エクスポート」を選びエクスポート画面でテキストを選び「次へ」をクリックします。

保存場所を「参照」から選択して「終了」をクリックしてエクスポート終了です。

まとめ

マークダウン記述のテキストファイルが生成されましたので、あとはATOMなどマークダウンを解釈できるエディタに読み込ませるだけです!

参考⇒「ATOM入れてマークダウンして記事作成時間短縮!【当社比2/3倍】」

実際のところ記事の行程にXMindを使った方のが時間がかかるのでは?と、簡単な似たような記事(同じ記事を2度は書けないので)をストップウォッチで計りつつ書いてみました。

結果、かたや約1時間、かたや約50分、マークダウンで直接書くよりXMindを経由して書いた方が少しだけ早かったです・・・!

それでも、同じ内容の記事で比較したわけではないことと、XMindの操作に完全に慣れていないことを考えると、XMindを行程のはじめに使って書いた方が早くなるだろうと予想しています。

仮に記事生成速度は変わらなくても一番最初の工程、【情報をまとめる】ことについては最強ランクで便利なツールなのでぜひ一度お試し下さい!

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク