xserver
データベースとWordPressを、XAMPP環境からレンタルサーバ(XSERVER)環境に移転してみます。

参考サイト

http://webcre-archive.com/2012/10/04/wordpress-db-url-replace/

データベースのアップロード

/localhost/phpmyadmin/に移りログインする。
wp4-server-from-local_01

画面左の任意データベース(wp_relocate_test)を選択した後エクスポートを選択する。
wp4-server-from-local_02

エクスポート方法:簡易、フォーマット:SQLを選択して実行すると、任意データベース(wp_relocate_test).sqlがエクスポートされる。
wp4-server-from-local_03

XSERVERサーバーパネルのMySQL設定に移る。
wp4-server-from-local_04

MySQL(MySQL データベース名:任意(reactxs_testdb) 文字コード:UTF-8)を追加する。
(先頭部分変更不可、最大16文字で英数のみ)
wp4-server-from-local_05

MySQLユーザ(MySQLユーザID:任意(reactxs_testus) パスワード:任意)を追加する。
(ID先頭部分は変更不可、IDとPWは最大16文字で英数のみ)
wp4-server-from-local_06

データベース(reactxs_testdb)にアクセス権所有ユーザ(reactxs_testus)を追加する。
wp4-server-from-local_06b

XSERVERサーバーパネルのphpmyadminに移り、ユーザ(reactxs_testus)でログインする。
wp4-server-from-local_07
wp4-server-from-local_08

左のデータベース(reactxs_testdb)を選択する。
wp4-server-from-local_09

インポートタブで任意データベース(wp_relocate_test).sqlを選択、文字セット:utf8を選択してインポートする。
wp4-server-from-local_10

インポートされたことを確認する。
wp4-server-from-local_11

ファイルのアップロード

/react-xs.xsrv.jp/public_html内を全て削除する。
wp4-server-from-local_12

C:\xampp\htdocs\wordpress\wp-config.phpを開き、
define(‘DB_NAME’, ‘ローカルのデータベース名(wp_relocate_test)’);
define(‘DB_USER’, ‘ローカルのユーザ名(root)’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘ローカルのデータベースパスワード’);
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

define(‘DB_NAME’, ‘サーバのデータベース名(reactxs_testdb)’);
define(‘DB_USER’, ‘サーバのユーザ名(reactxs_testus)’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘サーバのデータベースパスワード’);
define(‘DB_HOST’, ‘サーバのMySQLホスト名(mysql1010.xserver.jp)’);
と書き換える。

C:\xampp\htdocs\wordpress\内データを/react-xs.xsrv.jp/public_html内にコピーする。
wp4-server-from-local_13

データベースの書き換え

(エクスポートしたsqlを開いてhttp://localhost/wordpressをhttp://react-xs.xsrv.jpに全て変換する方法でもとりあえず動きましたが、sql内のシリアライズデータは未変換のままでデータの整合性がとれず不具合が発生する可能性がある、との事でこの方法はNGです)

Database Search and Replace Script in PHP


からsearchreplacedb21.zipをダウンロードする。
wp4-server-from-local_14

ファイルを解凍してsearchreplacedb2.phpを/react-xs.xsrv.jp/public_html内にコピーする。
wp4-server-from-local_15

ブラウザでhttp://react-xs.xsrv.jp/searchreplacedb2.phpに移る。

チェックしたままSubmitを押す。
(チェックされていればwp-configの設定が読み込まれます)
wp4-server-from-local_16

Charset:utf8mb4に設定しSubmit DB detailsを押す。
wp4-server-from-local_17b

Tablesが全て選択されていることを確認してContinueを押す。
wp4-server-from-local_18

OKを押す。
wp4-server-from-local_19

Search for (case sensitive string):
http://localhost/wordpress
Replace with:
http://react-xs.xsrv.jp
と入力してSubmit Search stringを押す。
(↑最後のスラッシュは無し)
wp4-server-from-local_20wp4-server-from-local_21

Completedの表示を確認する。
wp4-server-from-local_22

searchreplacedb2.phpを削除する。
(削除しないと外部から設定変更されてしまう)

パーマリンク再設定と動作確認

http://react-xs.xsrv.jp/wp-adminに移り、管理画面→設定→パーマリンク設定で”変更を保存”ボタンを押す。
(↑設定は残っているが、ボタンを押して反映させる作業が必要)
http://react-xs.xsrv.jpに移り、内部リンク先がローカルになってないか、エラー表示されないか等、動作確認する。
wp4-server-from-local_23wp4-server-from-local_24wp4-server-from-local_25

以上です。

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク