windows7_backup_restore_10
フリーソフト(Paragon Backup & Recovery)のリカバリディスクでWindows7のバックアップ&レストアをしてみました。

手順

Paragon Backup & Recoveryをダウンロードしてインストール
その際、Windows7のバージョン(64bitまたは32bit)に合わせる
(両方のバージョンで試したところ、不一致の場合インストールはもちろん、作成したリカバリーディスクも起動中にエラーとなり使用出来ません。)

そして、Paragon Backup & Recovery14FreeではなくParagon Recovery Media Builderを起動
windows7_backup_restore_01

そのままNext
windows7_backup_restore_02

Next
windows7_backup_restore_03

isoファイルを任意の場所に保存するよう指定してNextを押し作成開始
windows7_backup_restore_04

作成完了
windows7_backup_restore_05

作成したisoファイルを書き込み出来るソフト(ImgBurn等)を使いディスクに書き込む
windows7_backup_restore_06

作成したディスクをバックアップしたいPCに挿入し起動
(BIOSで、ディスク起動またはディスク優先起動に設定する必要があります。BIOSに入るキーが不明な場合はdel、tab、F1~F12あたりを断続的に押せば入れます、多分。)
windows7_backup_restore_07windows7_backup_restore_08

起動中
windows7_backup_restore_09

起動完了、Backup to Virtual Diskをクリック
windows7_backup_restore_10

Next
windows7_backup_restore_11

バックアップしたい領域を選択してNext
(システムで予約済み領域がCと表示されており、Windowsシステム領域はDと表示されているので今回はここを選択します。)
windows7_backup_restore_12

保存先や保存名を指定してNext
(Change backup settingsをチェックすると、ファイルの圧縮率変更やパスワードを掛けられたりします。)
windows7_backup_restore_13

バックアップ中
windows7_backup_restore_14

バックアップ完了
windows7_backup_restore_15

(※参考 試しにレストアしてみる)
windows7_backup_restore_16

以上で終わりです。

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!





スポンサードリンク


まとめ

地元で開催されるWordpress勉強会に参加しようと思ったのですが、よく周りを見たらノートPCは11年前に購入したIBM ThinkPad R50の1台しか所有しておらず、2年前にWindows7-32bit版をわざわざ購入してインストールしたもののそれっきり放置していました。
しかし、このデザイン……無骨でイイですね。
機能美的な感じです(*^-^*)
windows7_backup_restore_pc
しっかし、常にもっさり&ワンテンポ遅れ動作です(-_-#)
色々とアプリやサービスを削除&停止させて少しでも軽くさせようと考えましたが、動かなくなっては面倒なので先にバックアップする事にしました。
昔からNortonGhostにこだわって使っていたのですが、いい加減古いバージョンを使っており、ある時期から謎のエラーなど出るようになったので使うのヤメてしまいました(>_<)
しかし、当時大容量の1GBメモリでストレスフリーしたが今となっては真逆なストレスフルPCです。
1GB……って!、普段使いのスマホのメモリの半分しかないっ!?
ヤバい、そんなのアリ?、といった感じです。
でも11年の歳月は無常であり致し方ないです。
せめて、Chromeだけでもまともに動いてくれれば良いのですが。
バッテリやCMOS電池の交換も必要みたいです。
無骨でイイ、と言っておいて難ですが、これはZENBOOKに買い換えた方が得策かも(^^ゞ

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!




スポンサードリンク