前の記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR4.4.4KitKat Install root化」の続きです。

次に5.0.2化してみます。

[2016年7月27日更新]
内容を調整、4.4.4→5.0.2→5.1.1→6.0.1の順に実機で再確認

参考サイト

貴重なツール作成と情報を誠に有り難うございます、感謝しつつ使わせて頂いておりますです。
キューブキューブ様、あなたが神ですかw
キューブ実験室: 【Xperia】各機種ワンクリックroot取得【NX/acro HD/GX/SX ~ Z2/A2 等】
ケータイ・スマートフォン・モバイル: root root化 Xperia A SO-04E ZR C5503 更新 5.1.1
Xperia A SO-04E Lollipop を根付き化してみる
[GUIDE] [Locked Bootloader] [10.6.A.0.454] H… | Sony Xperia ZR | XDA Forums

環境

使用したファイル

手順概要

  1. SO-04E_10.3.1.B.2.42_NTT DoCoMo JP.ftfを以下の設定で書き込む。
    Exclude(除外):BOOTBUNDLE(1つ)
  2. C5503_10.5.1.A.0.292_Proximus (Vfe) BE.ftfを以下の設定で書き込む。
    Exclude:BOOTBUNDLE、PARTITION、TA、BASEBAND(4つ)
  3. C5503_10.5.A.0.230_Nordic NCB.ftfを以下の設定で書き込む。
    Exclude:BOOTBUNDLE、PARTITION、FOTA、BASEBAND、ELABEL(5つ)
  4. USB切断し端末の電源を入れる。
  5. USBデバッグを許可する。
  6. rootkitXperia_20140719.zipでroot取得する。
  7. ZR-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipでrecoveryを導入する。
  8. 7zipでC5503_10.6.A.0.454_HK+SuperSU.zipからbaseband(amss_fs_1、amss_fs_2、amss_fs_3の3ファイル)を削除する。
  9. twrpで、Factory ResetとAdvanced Wipe(DalvikCache、cache、Dataの3つにチェック)を実行した後、C5503_10.6.A.0.454_HK+SuperSU-baseband.zip(8で改変したzip)をインストールする。
  10. USBデバッグの許可して再度ZR-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipでrecoveryを導入する。
  11. 終了

手順詳細

  1. FlashtoolにてSO-04E_10.3.1.B.2.42_NTT DoCoMo JP.ftfをExclude(除外)欄のBOOTBUNDLEにチェックをして書き込む。
    ※PARTITION、TA、KERNEL、FOTA、BASEBAND、SYSTEM、ELABELの7つを書き込む。
    so04e-zr502-01
  2. FlashtoolにてC5503_10.5.1.A.0.292_Proximus (Vfe) BE.ftfをExclude欄のBOOTBUNDLE、PARTITION、TA、BASEBANDにチェックをして書き込む。
    ※KERNEL、FOTA、SYSTEM、ELABELの4つを書き込む。
    so04e-zr502-02so04e-zr502-03
  3. FlashtoolにてC5503_10.5.A.0.230_Nordic NCB.ftfをExclude欄のBOOTBUNDLE、PARTITION、FOTA、BASEBAND、ELABELにチェックして書き込む。
    ※KERNEL、SYSTEMの2つを書き込む。
    so04e-zr502-04so04e-zr502-05
  4. USB切断し端末の電源を入れる。
    ※起動完了まで約1分30秒待機する。
  5. 「設定→端末情報」内の「ビルド番号」7回連打して「設定→開発者向けオプション」を表示させ「設定→開発者向けオプション→USBデバッグ」でUSBデバッグを許可する。
    ※「設定→日付と時刻」で日時も一応設定しておく。
  6. rootkitXperia_20140719.zipを解凍、install.batを実行、電源オン状態端末を接続しrootを取得する。
    ※USB接続後、「ソフトウェアをインストール」表示がでたら、”今後表示をしない”にチェックを入れスキップする。
    ※取得中、「USBデバッグを許可しますか」表示がでたら許可する。
    ※取得中、端末が自動再起動されますが、再起動完了後もコマンドプロンプトがwaiting for device…で止まっているようならUSBを再接続する。
    ※「— all finished —」表示で正常に完了したことを確認する。
    so04e-zr502-06
  7. ZR-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipを解凍、install.batを実行、1→Enterと入力してDualRecoveryを導入する。
    ※既に先ほどのroot取得作業でSuperSUがインストールされているので1. Installation on ROM rooted with SuperSUを選択するため1を入力する。
    ※導入中、端末からデバッグ許可の求めとスーパーユーザーリクエストがあるのでそれぞれ許可する。
    ※完了すると端末が自動再起動されtwrpが起動されるのでReboot→Power Offで電源を切る。
    so04e-zr502-07so04e-zr502-08
  8. 7zipでC5503_10.6.A.0.454_HK+SuperSU.zipからbaseband(amss_fs_1、amss_fs_2、amss_fs_3の3ファイル)を削除する。
    ※zip内のファイルを削除する事になるのでzipのコピーを用意した方がいいかも。
    ※この3ファイルを選択しツールバーの「削除」を押すことにより削除されファイルも保存される。
    ※今回basebandを削除したzipをC5503_10.6.A.0.454_HK+SuperSU-baseband.zipとして保存した。
    ※次の作業に移る前にこのファイルをSDカードに移しておく。so04e-zr502-10so04e-zr502-11
  9. twrpで、Factory ResetとAdvanced Wipe(DalvikCache、cache、Dataの3つにチェック)を実行した後、C5503_10.6.A.0.454_HK+SuperSU-baseband.zipをインストールする。
    ※twrpの起動手順
    端末電源投入後、2度振動した直後に下部のLEDが緑色点灯するので、その瞬間にボリュームダウンボタンを1度(約1秒間)押す。
    so04e-zr502-09
    ※ワイプ(消去)手順
    Wipe→Swipe to Factory Resetを実行、Wipe→Advanced WipeでDalvik Cache、System、cache、Dataを選択後Swipe to Wipeを実行する。
    so04e-zr502-12so04e-zr502-13
    ※zipインストール手順
    Installを押す→上方にあるStorege:InternalStoregeを押す→External SDCardを選択しOKを押す→SDカード内に保存した先ほどのzipを指定する→Swipe to Confirm Flashを押す。
    so04e-zr502-14so04e-zr502-15
    ※その後、手動で再起動させるが完了までに数分かかる。
  10. 再度USBデバッグの許可した後、再度ZR-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipでrecoveryを導入する。
    ※前の作業でUSBデバッグ設定が初期化、recoveryが消去されてしまうので再度行っている。
    ※導入中、端末からデバッグ許可の求めとスーパーユーザーリクエストがあるのでそれぞれ許可する。
    ※完了すると端末が自動再起動されtwrpが起動されるのでReboot→Systemで再起動する。
  11. 終了

スクリーンショット

ロック
so04e-zr502-ss-01
ホーム
so04e-zr502-ss-02
ロングタップ
so04e-zr502-ss-03
通知
so04e-zr502-ss-04
トグル
so04e-zr502-ss-05
設定
so04e-zr502-ss-06so04e-zr502-ss-07so04e-zr502-ss-08so04e-zr502-ss-09so04e-zr502-ss-10
開発者向けオプション
so04e-zr502-ss-11so04e-zr502-ss-12so04e-zr502-ss-13so04e-zr502-ss-14so04e-zr502-ss-15so04e-zr502-ss-16so04e-zr502-ss-17so04e-zr502-ss-18so04e-zr502-ss-19
端末情報
so04e-zr502-ss-20
ベースバンド
so04e-zr502-ss-21
電源オプション
so04e-zr502-ss-22
アプリ
so04e-zr502-ss-23so04e-zr502-ss-24so04e-zr502-ss-25so04e-zr502-ss-26
スポンサードリンク

まとめ

Android5.0.2はメモリリーク問題があり、裏でアプリが再起動を繰り返しRAMを圧迫します。
ですのでバージョンを5で運用するにしても5.0.2で作業を止めずに5.1.1にはアップデートしたほうがよいです。

Xperiaでカスタマイズできる最新機種は?

国内版XperiaZ4からは、二重ガードにより改変を検知されるとブートループに陥るなど現状ではカスタムできないようになっています。

しかし、ブートローダーアンロックが許可されているグローバル版であればアンロック後カスタムに可能です。

国内キャリア版は非常に簡単に入手できますが、後々カスタムしたくなった時のことを考え、グローバル版も視野に入れておくと楽しめるかもしれません。

過去にXperiaグローバル版の購入を考えて販売サイトをいくつか渡り歩きましたが、最終的には、大手で、価格改正が頻繁、余りトラブルを聞かないEXPANSYSでnexusやZ5Premiumを購入したことがありました。

海外発送サイトでは重要な、トラブルなくスマートに注文、到着までストレスも無かった、記憶がありますので試しに見てください。

EXPANSYSでカスタム可能Xperiaを確認してみる!

スポンサードリンク

次の記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR5.1.1Lollipop Install root化 recovery導入」に進みます。