前の記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR5.1.1Lollipop Install root化 recovery導入」の続きです。

最後に6.0.1化してみます。

[2016年7月27日更新]
内容を調整、4.4.4→5.0.2→5.1.1→6.0.1の順に実機で再確認

参考サイト

The Middle of Nowhere / 辺境の憩い
SO-04E用にビルドしたAndroid6.0.1Marshmallow(CyanogenMod13.0)のROMを公開されている154氏様のサイトです。
素晴らしいROMを作成して頂き誠に有り難う御座います。

環境

参考サイト

2016年5月のZ・A向けCM13.0リリース – The Middle of Nowhere / 辺境の憩い
CM13.0 for Xperia A (ZR) with Locked Bootloader – The Middle of Nowhere / 辺境の憩い

使用ファイル

  • cm-13.0-20160508-UNOFFICIAL-dogo.zip
  • ZR.5.1.1_ramdisk_replacer_for_CM13.0.zip
    上記の参考サイトに有ります。
  • open_gapps-arm-6.0-pico-2016XXXX.zip
    Platform:ARM、Android:6.0、Variant:picoを選択します。
    ファイル名のXXXXにはダウンロード日が入ります。
    ちなみにこのGappsを取得する際にVariantを変更するとインストールされるアプリ数(容量も)が変わります。
    GooglePlayのみ必要であれば最小パッケージの「pico」をインストールすれば使用できますが、
    「super」や「aroma」(約700MBもありますが)を選択して様々なGoogleアプリを試してみるのも面白いと思います。
  • ZR-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip

全て内蔵ストレージまたはSDカードに保存しておきます。

手順

  1. 既にインストール済のTWRP(バックアップ&リカバリーツール)を起動するためボリュームダウンボタンを1秒間隔でオンオフします。
  2. TWRPでWipe→Factory Resetを実行します。(以下すべてTWRPでの作業です)
  3. Wipe→ADVANCED WIPEでDalvikCache,cache,DataをチェックしてWipeを実行します。
  4. Installで先ほど本体内に保存した4つのファイルを以下の順番で指定して書き込みます。
    • cm-13.0-20160508-UNOFFICIAL-dogo.zip
    • ZR.5.1.1_ramdisk_replacer_for_CM13.0.zip
    • ZR-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip
    • open_gapps-arm-6.0-pico-2016XXXX.zip
  5. 以上で作業終了です。

スクリーンショット

起動中
so-04e-customize-601-cm13_screen_01a

ロック
so-04e-customize-601-cm13_screen_01b

ホーム
so-04e-customize-601-cm13_screen_02

ロングタップ
so-04e-customize-601-cm13_screen_03

通知
so-04e-customize-601-cm13_screen_04

トグル
so-04e-customize-601-cm13_screen_05

設定
so-04e-customize-601-cm13_screen_06so-04e-customize-601-cm13_screen_07so-04e-customize-601-cm13_screen_08so-04e-customize-601-cm13_screen_09so-04e-customize-601-cm13_screen_10so-04e-customize-601-cm13_screen_11

開発者向けオプション
so-04e-customize-601-cm13_screen_12so-04e-customize-601-cm13_screen_13so-04e-customize-601-cm13_screen_14so-04e-customize-601-cm13_screen_15so-04e-customize-601-cm13_screen_16so-04e-customize-601-cm13_screen_17so-04e-customize-601-cm13_screen_18so-04e-customize-601-cm13_screen_19so-04e-customize-601-cm13_screen_20so-04e-customize-601-cm13_screen_21so-04e-customize-601-cm13_screen_22so-04e-customize-601-cm13_screen_23so-04e-customize-601-cm13_screen_24so-04e-customize-601-cm13_screen_25

端末情報
so-04e-customize-601-cm13_screen_26so-04e-customize-601-cm13_screen_27

電源オプション
so-04e-customize-601-cm13_screen_28

アプリ
so-04e-customize-601-cm13_screen_29so-04e-customize-601-cm13_screen_30so-04e-customize-601-cm13_screen_31

スポンサードリンク

まとめ

以上で全ての作業が終了となります、お疲れ様でした。

遂にSO-04Eでもまさかの6.0.1Marshmallowをインストール出来るようになり胸アツです。

これで更に端末の寿命(使用期間)が延びるので助かります。

通話(NTTdocomo)、LTE(NTTdocomo)、Wi-Fi、内蔵ストレージ容量、カメラ、TWRPを確認したところ正常に動作します。

LTEが途切れることが多い気がします。(体感的なものです。5.1.1と同様です。)

LTEは、設定済みAPN一覧のspモードを選択して動作確認しています。

通信事業者は設定不要でした。

内蔵ストレージ容量も25.80GBで認識しており、システム領域で取られている分を考えれば正常な容量です。

ベースバンドはダイヤルコマンド(7378423)でツールが起動しなかったので未確認です。

ルートアクセスは「設定→開発者向けオプション→ルートアクセス→アプリとADB」を選択することで可能になります。

Xperiaでカスタマイズできる最新機種は?

国内版XperiaZ4からは、二重ガードにより改変を検知されるとブートループに陥るなど現状ではカスタムできないようになっています。

しかし、ブートローダーアンロックが許可されているグローバル版であればアンロック後カスタムに可能です。

国内キャリア版は非常に簡単に入手できますが、後々カスタムしたくなった時のことを考え、グローバル版も視野に入れておくと楽しめるかもしれません。

過去にXperiaグローバル版の購入を考えて販売サイトをいくつか渡り歩きましたが、最終的には、大手で、価格改正が頻繁、余りトラブルを聞かないEXPANSYSでnexusやZ5Premiumを購入したことがありました。

海外発送サイトでは重要な、トラブルなくスマートに注文、到着までストレスも無かった、記憶がありますので試しに見てください。

EXPANSYSでカスタム可能Xperiaを確認してみる!

スポンサードリンク