Xperia A(SO-04E)のAndroid最終バージョンは、公式発表では4.2.2となっています。

しかし、非公式でバージョンを4.4.44.4.2→5.0.2→5.1.1→6.0.1とアップグレードすることが出来ます。

このサイトでは

  1. 純正ロムからの4.4.2化
  2. 純正ロムからの5.0.2化→5.1.1化→6.0.1化

の手順を紹介しています。

もちろん、「アップグレードが可能」というだけではなく動作についても常用可能なレスポンスで動いてくれます。

Xperia最後のバッテリー交換可能機種というアドバンテージを持っており、スペックについては現在のハイエンド機には敵わないもののミドルレンジ機には十分対抗できる機種で、このまま埋もれさせるのは勿体ないです。

バッテリーを大量に持っていれば流行りの「ポケモンGO」で画面を常時点灯させていてもバッテリー残量を気にすることなくプレイ出来ます。
むしろしておりますw
ちなみに「ポケモンGO」はAndroidバージョン4.4以降対応です、4.2ではインストール出来ません。

作業するにあたり、接続設定や環境設定を終えていない方は「Windows10(&Win7)におけるADB接続とROM書込環境設定」を参考に環境を整えて下さい。

下記の記事の順に作業を続けて行えばアップグレード完了となります。
※次の記事に行かず途中で終わりにすればその記事に記載のバージョンにすることが出来ます。

  1. 記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR4.4.2KitKat Install root化」※現在の記事です。
  2. 記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR5.0.2Lollipop Install root化 recovery導入
  3. 記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR5.1.1Lollipop Install root化 recovery導入
  4. 記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR6.0.1Marshmallow Install(rooted) recovery導入

※分からないことがありましたらこの記事のコメント欄に質問をお願いします。
※空き時間が出来ましたら分かる範囲内で極力回答させて頂きたいと思います。

はじめにXperia Aのグローバル版(海外版)ROMのXperiaZRAndroidバージョン4.4.2をインストールしてみます。

[2017年1月10日更新]
OTAで4.4.4化が出来なくなったので修正
※4.4.2化は可能
[2016年11月16日更新]
一部リンクを修正
[2016年11月4日更新]
一部リンクを修正
[2016年8月8日更新]
内容を調整、4.4.4化を実機で再確認
[2016年7月27日更新]
内容を調整、4.4.4化→5.0.2化→5.1.1化→6.0.1化の順に実機で再確認
[2015年6月13日更新]
内蔵ストレージ容量が32GB(SO-04E仕様、実質26GB)から8GB(ZR仕様)に減少するのを回避
[2015年8月7日更新]
スクリーンショットを追加

環境

使用したファイル

手順

flash toolを起動する。

ツールバー最左のボタン(Flash device)を押す。

Flashmode→OKを押す。
2

C5503_10.3.1.A.2.67_RU.ftfをExclude(除外)のBASEBANDのみチェックを入れ、書き込む。
3

端末電源オフ状態でボリュームダウンボタンを押しながらUSB接続する。(flashtoolで反応があるまで維持した方が良い)
4

書込中。
5

書込完了。
Flashing finished.が表示されていることを確認する。
6

USB切断する。

先と同様にSO-04E_10.3.1.B.0.256_NTT docomo(1269-6048).ftfを、Exclude(除外)のPARTITION以外の7項目(BOOTBUNDLE,TA,KERNEL,FOTA,BASEBAND,SYSTEM,ELABEL)にチェックを入れ、書き込む。
7

flashtoolを終了させる。

端末の電源を入れる。

表示をスキップする。
IMG_4187IMG_4190

端末情報→ビルド番号を連打して開発者向けオプションの項目を表示させる。
開発者向けオプション→USBデバッグを有効にする。
USB経由のアプリを確認→無効にする。
セキュリティ→提供元不明のアプリ→有効にする。

端末を電源オン状態でPCに接続する。

adb devicesにデバイス登録があるか確認する。
(adb shellを実行中は不可)
8

PCでrootkitXperia_20140719.zipを展開したフォルダ内のinstall.batを実行する。
コマンドプロンプトで「all finished」表示後何れかのキーを押し、終了する。

PCでCWM6-cDM_v2.5_vfix2.zipを展開したフォルダ内のcwm-install.batを実行する。
install.batを実行中、端末でスーパーユーザーリクエストを要求されたら許可する。
※許可しないと失敗します。

USBを切断して端末電源をオフする。

端末電源をオンして、下のLEDが青く点灯したら1秒くらいボリュームダウンボタンを押し続けてCWMを起動させる。
IMG_4195

CWMで
wipe data/factory reset→Yes
wipe cache partition→Yes
advanced→wipe dalvik cache→Yes
install zip→choose zip form external sdcard→(任意フォルダ内)Xperia ZR C5503 ? Pre-Rooted 10.5.A.0.230 by Thibou.zip→Yes
install zip→choose zip form external sdcard→(任意フォルダ内)UPDATE-SuperSU-v1.94.zip→Yes
を実行する。

CWMでPowerOff→Noを選択し電源をオフする。
(↑install-recovery.shを無効化させない。再度リカバリを入れる為)

C5503_10.5.A.0.230_Nordic NCB.ftfをExclude(除外)のSYSTEMのみ「PARTITIONとSYSTEM」にチェックを入れ書き込む。[←2015年6月13日訂正]
12

Wi-Fiを設定して、端末情報→ソフトウェア更新→本体ソフト→10.5.1.A.0.283(131.0MB)をダウンロードしてアップデートする。
更に、端末情報→ソフトウェア更新→本体ソフト→10.5.1.A.0.292(1.5MB)をダウンロードしてアップデートする。
再度、開発者向けオプションを表示させUSBデバッグを有効、USB経由のアプリを確認を無効、提供元不明のアプリを有効にする。

USB接続する。

PCでZU-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zipを展開したフォルダ内のinstall.batを実行する。

表示されたコマンドプロンプト画面で1(Installation on ROM rooted with SuperSU)→Enter入力し実行する。
(実行中、端末でUSBデバックを許可、スーパーユーザーリクエストを許可する。)
1314

自動で再起動されTWRPが表示される。
※(参考)TWRPの起動は、端末電源オン(または再起動)直後、下のLEDが緑色に点灯したら1秒くらいボリュームダウンボタンを押し続ける。タイミングが掴めない場合はボリュームダウンボタンを1秒押し→1秒離し→1秒押し……のひたすら繰り返しでも良い。

IMG_4199

終了

スクリーンショット

起動
SO-04E-ZR_01

ロック
SO-04E-ZR_02

ホーム
撮影前にウィジェットなど全て消してしまいました(^^;)
背景色は時間経過でゆっくり変わります
SO-04E-ZR_03

画面ロングタップ
SO-04E-ZR_16

トグル
SO-04E-ZR_17SO-04E-ZR_18

設定
SO-04E-ZR_07SO-04E-ZR_08SO-04E-ZR_09

開発者オプション
SO-04E-ZR_10SO-04E-ZR_11SO-04E-ZR_12SO-04E-ZR_13SO-04E-ZR_14SO-04E-ZR_15

端末情報
SO-04E-ZR_19

スポンサードリンク

まとめ

docomoショップ店頭の最新機種並みにサクサクです、というのは言い過ぎですが普通に動いてくれます。
動作の重さは感じさせません。
いろいろなアプリを試したいのならば今となっては4.2ではインストールもままならない場合がありますので、最低でも4.4に移行することをお勧めします。
常用するなら未だ不具合のあるAndroid5.xより安定の4.4.2の方が良いかもです。
もちろんNTTdocomoのSIMカードやNTTdocomo回線MVNOのSIMカードも問題無く使えました。

[2016年7月27日更新]
Androidバージョン5.xについてですが、5.0は不具合が多いため常用には心配な部分もありましたが5.1.1になり安定しています。

私は現在もこのバージョンでSO-04Eをメイン端末として利用しています。

理由は他記事と被るのでここではやめておきますがオススメです。

おかげでZ5Premium(E6853)は自宅でホコリをかぶりぎみです。

Xperiaでカスタマイズできる最新機種は?

国内版XperiaZ4からは、二重ガードにより改変を検知されるとブートループに陥るなど現状ではカスタムできないようになっています。

しかし、ブートローダーアンロックが許可されているグローバル版であればアンロック後カスタムに可能です。

国内キャリア版は非常に簡単に入手できますが、後々カスタムしたくなった時のことを考え、グローバル版も視野に入れておくと楽しめるかもしれません。

過去にXperiaグローバル版の購入を考えて販売サイトをいくつか渡り歩きましたが、最終的には、大手で、価格改正が頻繁、余りトラブルを聞かないEXPANSYSでnexusやZ5Premiumを購入したことがありました。

海外発送サイトでは重要な、トラブルなくスマートに注文、到着までストレスも無かった、記憶がありますので試しに見てください。

EXPANSYSでカスタム可能Xperiaを確認してみる!

参考サイト

誠に有り難うございます、いつも大変参考にさせて頂いてます。
キューブ実験室
Success 4.4.2 Pre-Rooted 10.5.A.0.230 on Xperia A SO-04E
[Root][4.4.2][LB/UB] Stock 10.5.A.0.230 Xperia ZR
-=- [NUT]’s XDA download page -=-

ツール制作者様支援リンク

レッツ、ワンコイン支援!
キューブキューブ様宛てPayPal支援ページ

スポンサードリンク

次の記事「[SO-04Eカスタマイズ]XperiaZR5.0.2Lollipop Install root化 recovery導入」に進みます。