SO-03C_root_13
純正romのroot化とCWMのインストールをしてみます。

環境

Windows7ProSP1 64bit
Android SDK Tools(android-sdk_r24.0.2-windows.zip)
Java SE Development Kit 7u75(jdk-7u75-windows-x64.exe)
Sony PC Companion2.10.251(Sony PC Companion_Web.exe)
Flashtool(flashtool-0.9.18.6-windows.exe)

準備

SO-03C_4.0.1.C.1.9_docomo.ftfをFlashtoolインストールフォルダ内firmwaresフォルダに配置
(下記zipファイル内zergRushファイルを削除させない為、アンチウィルスソフト等の自動保護を停止させた後で↓)
DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zipを任意の場所に解凍
(↑作業完了まではアンチウィルスソフト等の自動保護は停止)
CWM6-cDM_v2.5.zipを任意の場所に解凍

手順&

Flashtoolを起動させる
SO-03C_root_01
ツールバー左から1番目のボタン(Flash device)を押す
Flashmodeを選択しOKを押す
Firmware:のSO-03C、4.0.1.C.1.9、docomoを選択しFlashを押す
SO-03C_root_02

端末を電源オフのままボリュームダウンボタンを押しながらUSB接続する(Flashtoolの反応があるまで維持する)
SO-03C_root_03

書込中
SO-03C_root_04

書込完了
(Flashing finished.が表示されていることを確認)
SO-03C_root_05

Flashtoolを終了させる

USB切断して端末の電源オンする

端末で「アプリケーション→提供元不明のアプリ→有効、
アプリケーション→開発→USBデバッグ→有効」を設定する

USB接続

DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-suのrunme.batを実行
SO-03C_root_06

ALL DONE!!表示まで待機
SO-03C_root_07

端末自動再起動完了まで待機

CWM6-cDM_v2.5のcwm-install.batを実行しCWM導入
SO-03C_root_08
SO-03C_root_09
SO-03C_root_10
SO-03C_root_11SO-03C_root_12

端末の電源を入れ直し、CWMを起動出来るか確認
(電源オン直後の青LED点灯後、いずれかの物理ボタン連打入力で起動、緑LED点灯すれば入力成功)
SO-03C_root_13

(終了)

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!





スポンサードリンク


まとめ

今回、アンチウィルスソフトを停止させる必要があり、停止後作業を行いました。
root化ツールは、セキュリティ脆弱性を利用してそれを実現しているので、良くも悪くもウィルスに分類されるかも知れません。
使用者の目的の機能のみ備わっているものも良いのですが、悪意を持って作成したものも有るようです。
自己責任やリスクを今一度考えてもみましたが、う~ん、……それでも、デメリット全てを検証出来ないですし、自己満足や知的好奇心を満たす事やメリットを受けたいからやってます(^_^;)
久しぶりに純正romを弄ってみたのですが、純正2.3も結構なヌルサクな感じがします。
このまま使用するのでも良いですね(笑)

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!




スポンサードリンク