イートレン(ETOREN)はシンガポール、香港、イギリスに拠点をおくスマホ販売をメインに打ち出しているガジェット通販サイトです。
ほぼ完全と言えるくらい日本語対応しており、使い勝手もよく他のスマホ通販サイトと比べても頼みやすさから一番多く利用させていただいています。



スポンサードリンク


イートレン(ETOREN)で気になるスマホが売り切れ間近!マジか?

そんなイートレンですが、なにげなくサイトを見ていたら、そのうち購入しようとしていたXperia XZ1 Compactが売り切れそうではありませんか!

4色のカラーバリエーション中、3色はあったのに今は黒色だけ。

目当ての黒色だけが残っていたのが奇跡です。

そのため

「速攻ゲットしておかなくては、売切間近の状況を見てるしかなり後悔するかも!?」

と考えて、衝動的に購入してみることにしました。

せっかくの機会なので

「海外サイトでスマホ買ってもちゃんと届くの?大丈夫なの?」

とイートレンを含め海外サイト通販にためらっている人に向けて、購入方法や支払総額について説明します。

イートレンの通販は

  • 注文方法はなのか?
  • 個人情報の扱いは安全なのか?
  • 注文から到着までの待ち時間は短いのか?
  • そもそも商品が無事届くのか?
  • 商品はしっかり梱包され傷もなく正常に動作するのか?

と気にする人(過去のワタシ)もいるはずなので、イートランからの商品到着までの経過や時間も記録してみました。

また、海外発送は個人輸入扱いになるので、原則は関税が発生します。

イートレンでは、今も関税が代金に含まれているのかどうか気になるところです。

代金とは別に関税が掛かる場合は、本体代によって変わるものの、千円単位で総支払額が変わります。

関税を請求される場合、商品到着から少し経ち、完全に忘れたころにスッと通知がくるのでなかなか気持ち悪いものです^^;

さらには支払額もその通知が届くまで確定しません・・・。

ですから関税の有無も、海外通販における重要なチェックポイントの1つなのです。

イートレン(ETOREN)における購入方法

イートレンの代金支払い


商品注文後の待ち時間って気になりませんか?

商品が届くまで忘れようと思っていても、普段使わない通販サイトではやっぱり気になることと思います。

イートレンは大手の通販サイトと同じように前払い制です。

支払い方法に銀行振り込みを選択した場合、振り込むまでは発送手続きに入りません。

さらに言えば業者側で入金確認まで済まなければ発送作業は完了にならないのです。

ですので、最速で発送してもらうには、即時に支払いが完了するクレジットカード(VISA/Master)払いかPaypal払いの2択になります。

しかし、イートレンに限ったとこではないのですが、クレジットカード情報は普段使いしているサイト以外では極力漏らさない方が得策です。

そう考えるとPaypal払い1択にするのがベターかもしれません。

Paypalには買い手補償制度というのがあります。

商品が届かない、といったトラブル時にもしっかり対応してくれるので安心です。

イートレンの注文の流れ

まずはイートレン(ETOREN)に行きましょう。
いつもはパソコンを使って注文していたのでたまにはスマホで注文してみます。

イートレンサイトのトップにある検索窓に探したい機種名や型番を入力して検索します。

目的の機種をタップします。
まだ黒色XZ1Compactが残っていたので助かりました^^

よく機種と価格を確認してカートに追加しましょう。
海外発送なので、選択ミスで発送後にキャンセルするとなると、とても面倒なことになりそうです。

合計価格をチェックしてチェックアウトに進みます。
この「商品受取り時に追加の税金/手数料はございません。」の表示には安心感があります^^

イートレンのアカウントが無くてもゲストで購入できるのですが、今回はログインします。
注文とは別のタイミングで、ゆっくり確認しながらアカウント登録しておけば発送先間違いなど起こらないのでオススメです。

発送先の住所確認して支払いへ進みます。

支払い方法を選んで会計に進みます。

Paypal払いを選んでいるのでPaypalログイン画面が表示されます。

ログインしましょう。

そしてPaypal支払いを済ませます。
Paypalの「同意して続行」ボタンが表示される画面はちょっと注意が必要です。
「同意して続行」だと支払い確定までにまだ先がありそうな感じがなんとなくしますが、ボタン上の小さい文字の「支払いを実行します」とあるようにタップすると支払いが確定します。

注文番号を確認して注文完了です。
イートレンから注文確認メールも届きます。
到着を楽しみに待ちましょう!

イートレンの発送方法

イートレン(ETOREN)では先ほどの注文の流れのとおり、発送方法は選択できません。
海外エリアではDHL、国内エリアではヤマト運輸で運ばれます。
発送確認メールはこんな感じです。↓

このメール内の「クリックして運送状況が確認できます。」リンクから簡単に現在の輸送状況を確認することが出来ます。↓

イートレン(ETOREN)から注文が到着


イートレン(ETOREN)で注文したことを忘れかけていたら、いつの間にか商品が届いていました^^
海外発送にしては体感速度的にはかなり早かったです。
しかし、肝心の商品の梱包が雑だったり動かなかったり電池切れだとへこみますよね。
それでは、一番気になる梱包状態や本体の状態を、開封しながら確認してみましょう!

イートレンの段ボール箱を開封

シンガポールのイートレンからDHL配送で届きました!

時間帯などは一切指定していないのですが、なぜか時間帯指定サービスのシールが貼ってあります。
配達指定日まで記入されているので、早く到着させるためのテクニックなのかもしれません。

段ボール箱の裏を見ると、佐川急便がDHLの代行をしていることが分かります。

納品書が入っています。
ふと、前に関税を納めた際のINVOICE(インボイス)の用紙が脳裏をよぎりました。
あのインボイスの用紙ってチェックして必要なところを記載して金を払うだけなのですが、普段見ることのない書類なので
「果たしてこの書き方でいいのか・・・?」
と、慣れてないと結構不安になるんですよね^^;

梱包は画像のとおりです。
緩衝材にくるまれているものの、空きスペースは埋めてありません。
しかし、段ボールを開ける前に振ってみましたが、ズレる音など一切しなかったので特に問題なしといったところです。

イートレンの商品箱を開封

基本的にはコスパ思考なので、機器を手に入れる場合は中古品も多いのですが、やっぱり新品はよいものですね!(微妙に後悔中)

いつもと変わらないXperia箱です。

いつもと変わらないXperiaグローバル機の付属品です。
でもクレイドルや分厚いマニュアルなど無駄なものがないので大好きです^^

イートレン商品の初回電源投入

と、その前に外観チェックしておきます。
うん、NTTdocomoのロゴもなく普通のXperiaXZ1Compact(G8441)ですね。

保護シートを見ると、1トレイにSIMカードとmicroSDカードが乗っかるようです。
確かXperiaXZ1CompactのmicroSDカードの認識容量はMax256GBだったと思います。
今回は256GBを挿して使う予定です。
大容量のSDカードを認識する機種は使い勝手が良くってマジ最高です^^

初めての電源投入です。
初回起動ですが言語選択画面に行くまでにとてつもなく早く驚きました。
グローバル機でありますが、香港版(Customized HK)なので表示も中国語(広東語?)です。
もちろん日本語に設定すれば、操作上、完全な日本語バージョンとして使えます。

とりあえずROM書込のため電源を落としておきます。
このあとROM書込作業中、5回くらいブートループしたので一旦root取得を中断したのは内緒です。

イートレン(ETOREN)で注文してから商品到着までの待ち時間と関税(追加出費)の有無


「注文、到着待ち、到着、開封」の流れを終えて一段落したので、このへんで時間と関税について確認してみます。

イートレンの商品到着待ち時間

今回、イートレンでの商品購入の時間的な流れですが

  • 2018年12月06日23:30注文
  • 2018年12月07日13:23発送メール受信
  • 2018年12月10日19:30商品到着(時間帯指定)

となっています。

なぜか「時間帯指定サービス19時~21時」シールが貼られていたので、その分遅くなった可能性もありますが、イートレンの到着待ち時間は約3日と21時間という結果になりました。
amazonプライムなど、早ければ当日に商品が到着する通販に浸りきっていると遅い感じがしますが、海外発送でこの速度は驚異的です。

イートレンの関税(追加出費)の有無

イートレンから商品が到着して11日以上経ちましたが、関税の支払い通知は今のところきていません。

サイト表示価格が最安に近いこともイートレンで購入するメリットの1つですが、実際購入してみると
「イートレンの最大のメリット総額がハッキリしているところ」
と実感します。

イートレン(ETOREN)は激遅?焦ってスマホを海外輸入した結果のまとめ


何度も利用しており注文のしやすさや到着までの速さは知っているので、当然と言えば当然なのですが、
「迅速で丁寧」と言い切って良いレベルで商品が素早くトラブル無く到着した
という結果になりました。

国外であり距離もあるシンガポールのイートレンから、日本の関東圏に届くまでの所要時間が「3日と21時間」という結果なので、これはAmazonプライム慣れしている人間としても全くもって許容範囲内と言えます。

ちなみに、Amazonマーケットプレイスの海外発送品では1週間以上、ときには2週間待つこともありました。

マーケットプレイス品に比べても相当に迅速な発送でなので、到着待ちで全くストレスが溜まることがなくやきもきもしません。

運の要素も絡んできますが、バッテリー切れしてなかったことも地味に嬉しかったです。

充電の手間は全く問題は無いのですが、過去に他社でバッテリー切れで状態で届いたことがあったので余計に嬉しいです。

バッテリー切れで保管されていると「一体どのくらいの期間、空で保管されていたのか」とバッテリーの劣化がとても気になってしまうもので・・・^^;

考え方を変えてみると、それだけイートレンは在庫が滞らず円滑に動いている証なのでしょう。

今度発売されるXperiaXZ4も背面の平らが復活したりして気になっているところなので、数万円価格が下がったらまたイートレンでの購入を検討してみます。

 

 

それにしても、最新機種(に近いもの)を新品で購入して

「ああ・・・またつまらぬものを買ってしまった」

「Snapdragon801搭載のZ3あたりでAndroid5.1か6.0で使えば事足りるのに」

とテンション下がるのはワタシだけなのでしょうか?

 

「コスパ思考」って実はあまり良くないのかも知れませんね^^

もし、最新機種を新品で購入してもテンションが下がらない自信のある人は
【イートレン(ETOREN)】

  • クリックして、
  • 最新機種や型落ち品を検索して、
  • ペイパル支払いで注文して、
  • 商品を受け取ってニヤニヤ

してみてください^^


スポンサードリンク