SIMロックはとてもわずらわしい機能です・・・!
モバイルルータを持ち歩けばWi-Fiでの利用もできることはできますが、持ち物は出来るだけ少なくしてスマートに使いたいですよね。
初めからSIMフリー機を使えば良いという話でもありますが、キャリアをauやSoftBankに変えても、やっぱり今まで使っていたdocomo機種を使いたいなんて意見もよく耳にします!
今回はNTTdocomo端末のSIMロックをスマートに解除する方法です。

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<





スポンサードリンク


SIMロックの存在理由

不便でユーザーにメリットのないSIMロック・・・。

なぜこんなロックがされているのでしょうか?

このロックは主に大手キャリア(NTTdocomo、au、SoftBank)で購入した端末に掛かっているもので、購入時のままでは他社のSIMカードが使えないようにしてあります。

これで簡単には他社へ乗り換えができないようになっているのです。

SIMロック解除条件が緩くなってきた

とてもわずらわしいSIMロックですが、最近は規制が緩くなってきた感じがします。
現在販売中(2015年5月以降)のdocomo端末で、SIMロック解除条件を確認してみると

  • 契約者本人であること(つまり自分で購入した端末のみとなる)
  • おまかせロック中、ケータイ補償ロック中ではないこと(ロックを解除後ならOK)
  • 水濡れ、破損状態(修理後ならOK)
  • 暗証番号、パスワード(場合により必要)
  • 端末代金の残債がないこと、端末購入サポートを使っていないこと(100日経過しているならこの条件はなし)

となっています。

気を付けたいのは「自分で契約(新規、機種変更、MNP)と同時に購入した端末以外はSIMロック解除できない」という点です。

ヤフオクなどで新品や中古を買ってもその端末のSIMロックは解除できないということです。

あとは自分で契約と同時に購入した端末でも、解約後その日から100日経過するとSIMロック解除出来なくなるので解除忘れが無いようにしましょう。

NTT docomoのSIMロック解除費用は方法によって差がある

はっきり言って、ネットで「My docomo」にアクセスして無料でSIM解除コードを入手する方法がベストです。

しかもとても早く、たった5分ほどで手続きが終わり、コードを手に入れることができます!

ドコモショップに足を運んだり、電話でオペーレータ-と話してコードを聞く方法もありますが、どちらも3,000円かかりますので・・・これはないな~。

My docomoでで端末のSIMロック解除コードを入手する準備

手続き中に製造番号(IMEI)を入力する場面があります。

なので、先に端末で製造番号をチェックしてメモ帳に入力してコピペできるようにしておきましょう。

Androidなら大抵「設定→端末情報→機器の状態→IMEI情報→IMEI」に15桁の製造番号が書かれています。

My docomoで端末のSIMロック解除コードを入手する方法

  1. My docomoにアクセスして「dログイン」を押します。
  2. dアカウントのID、パスワードを入れて「ログイン」を押します。
  3. 一番下にある「ドコモオンライン手続き」を押します。
  4. 一番下までスクロールさせて「SIMロック解除」を押します。
  5. 「SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)」を入力、
    「SIMロック解除の注意事項を」を押下(1度開かないと下の「同意」にチェック出来ない)、
    「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを付けて「次へ」を押します。
  6. 「手続きを完了する」を押します
  7. SIMロック解除コードをメモして終了

SIMロック解除コードは8桁です。
メールでも届きますがメモ間違いに気を付けて下さいね。

まとめ

あとはSIMロック解除コードを端末で入力するだけです。
他キャリア(au,Softbankなど)のSIMを差して起動させるとスマホがコードを聞いてきます。
または、標準の電話アプリで「*#*#7465625#*#*」と入力してもコード入力画面を開くことができます。
あとは8桁のコードを入力するだけ、簡単です。
通話チェック(特に着信)やLTEでネットワーク接続されているかも最低限確認しておきましょう。

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク