外付ドライブでレガシーブート(Legacy Boot)したい場合はBIOSの設定変更することで可能になります。
非常にニッチな需要しかないと思われます。
インストールマニア向けですw

手順

電源ボタンを4秒以上押して完全に切った後、F2を押しながら電源を入れ、そのままF2を押し続けてBIOSを起動します。

Security→Secure Boot menu→Secure Boot Control→Disabledを選択して保存して再起動します。
ux305fa-5y71-legacy-boot-01

BIOSでBoot→Launch CSM→Enabledを選択して保存して再起動して終了です。
ux305fa-5y71-legacy-boot-02

BIOSでSave&Exit→Boot Overrideを確認すると、先頭にUEFI記述のある外付ドライブ(今回はUSB DISK 3.0 PMAP)以外にUEFI記述の無い同名ドライブが表示されるようになり、これを選択することによってレガシーブートが可能になります。
ux305fa-5y71-legacy-boot-03

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<





スポンサードリンク


まとめ

この作業をした理由は、SSDをdiskpartコマンドを使用して不要なパーティションを作成せずに区切りたかったからです。
BitLockerは未使用、Windows標準のリカバリはあまり信用しておらず他社ソフトを利用していることから余計なパーティションは作りたくありませんでした。
Windows10インストールメディアでUFEIブートすると、diskpartで区切ることは出来るものの、パーティションを指定してOSをインストールしようと選択すると警告メッセージが表示されインストール出来ません。
GPT形式に変換(convert gptコマンド)してもやはりインストール出来ませんでした。
結局インストールウィザードでパーティションを区切らなくてはならず、不要なパーティションも自動生成されてしまいます。

それにしてもゴチャゴチャしていたのが……
ux305fa-5y71-legacy-boot-04

スッキリヽ(*´v`*)ノ
ux305fa-5y71-legacy-boot-05

操作とコマンドを使用した順に載せておきます。
[Shift]+[F10] (プロンプト起動)
diskpart (ツール起動)
list disk (ドライブ割り当て番号を確認)
select disk 0 (ドライブが0に割り当てられているのでそれを選択)
clean (選択したドライブ内を完全削除)
create partition primary size=80000 (容量80GBで先頭のパーティションを作成、Cドライブ用)
create partition primary (残り容量で次のパーティションを作成、Dドライブ用)
exit (ツール終了)
exit (プロンプト終了)

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク