またまた到着しました、ZENBOOK!
日本未発売モデルです。
米Amazonマーケットプレイス出品の商品を注文してみました。

Amazon.com(出品者EXCaliberPC):ASUS ZenBook UX303UB-DH74T
商品代金や送料等の支払総額はUSD1,391.32(160,750円)でした。
関税は発生しませんでした。
[2016-0314訂正] 本日、振込用紙が届きまして関税7,400円が発生することが判明しました。
この価格でこのスペック、費用対効果、そして自己満足の極みってやつですね。
ノートPCでメモリ12GBなど、一体どのようにして使い切れば良いのでしょうか。
バッテリー残量が空っぽになっていたので過放電してなければ良いのですが少し心配です。

スペック概要

  • CPU
    Intel Core i7-6500U 2.5GHz(ターボ時3.1GHz)第6世代プロセッサSkylake
  • メモリ
    DDR3L 1600MHzSDRAM 12GB
  • ストレージ
    SSD 512GB
  • ディスプレイ
    13.3インチ IPS QHD+(3200×1800)タッチパネル
  • グラフィック
    NVIDIA GeForce GT940M VRAM DDR3 2GB
  • その他
    SDカードリーダ、HDWebカメラ、無線LAN802.11a/g/n、Bluetooth4.0等々

文句の付け所が在りません。
OSはWindows10Homeで英語配列キーボードです。

開けてみました

届いた段ボール箱を開けると中にメーカー純正の箱が見えてきました。
マウスパッドと書かれているオマケ?が入っていたのですが、通常の4、5倍の面積のある謎の品です。
きっと何でもビッグなアメリカ人仕様なのでしょう。
UX303UB-DH74T_02

メーカー純正の箱を取り出してみます。
UX303UB-DH74T_03

更に開封してみます。
UX303UB-DH74T_04

パッケージ表面
UX303UB-DH74T_05

パッケージ裏面
UX303UB-DH74T_06

パッケージ内全容
UX303UB-DH74T_07

ビニールを取った状態の本体表面
UX303UB-DH74T_08

本体裏面
UX303UB-DH74T_09

ディスプレイ開くとキーボードに布が掛かっています。
UX303UB-DH74T_10

タッチパネルのシールが貼ってありますが剥がすのは非常に簡単です。
UX303UB-DH74T_11

キーボードの布を外します。
英語配列です。
UX303UB-DH74T_12

ディスプレイ左上に貼ってあったこのシールも粘着力は非常に弱く難なく剥がせます。
UX303UB-DH74T_13

付属品一式です。
ACアダプタ、USB-Lanデバイス、映像出力デバイス、スリーブ、マニュアル、コードキープです。
UX303UB-DH74T_15

この後、電源を投入してみたのですが、バッテリー切れなのか全く反応しませんでした、ガックリ。

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!





スポンサードリンク


まとめ

期待感のある初回電源投入がこんな事になり出鼻を挫かれた感がしますが、充電完了を待ち初回起動してみます。
UX305FA-5Y71の純正品(と社外品)電源アダプタがそのまま使用できる様です。

今のところ特に気になる所は、
・解像度がかなり高いが使い勝手は?
・ダクトっぽいのがあるがやはりファンが存在して騒音もするのか?
・Windows10を日本語仕様にするのは簡単なのか?
・英語配列キーボードの使用感は?
等がありますので良く確認してみます。

asusの日本向けサイトと海外向けサイトを比較して見ていると、何故?、と思うぐらいロースペックな機種ばかりを日本向けに投入しているのが良く分かります。
先日購入したUX305FA-5Y71等の尖ったモデルもたまには発売はされるのですが、Zenbookのレパートリー全体で見ると日本への提供具合が余りよろしくない感じがします。
ですので、日本の通販サイトだけではなくAmazon.comなど海外サイトもチェックすると良いデバイスと巡り会える事もありますのでお試し下さい。
今回はUS発送の輸入にもかかわらず、注文は3月1日午前4時頃で到着は3月5日正午頃という感じで、商品到着まで非常にスムーズでした。

最近、日本AsusOutletを見ても、箱蹴り職人様が余り活躍していない様です。
職人様、是非とも高い品でご活躍をお願い致します。

注目記事(スマホを買い続けるために)サイトの読み手から書き手へ!




スポンサードリンク