【2017年現在でもメリットあるの?】

android端末のroot化作業には、場合によってはスマホなど端末を壊してしまうかも知れないリスクが常にともないます・・・!

初めてroot化作業を行うandroid端末では、いくら調べまくっても自分なりの手順が確立していないので少しドキドキものです(笑)

しかし、一度手順さえ確立してしまえば、次から同じ端末に限っては同じ手順を追って楽にroot化することができます!

root化に失敗しても、起動しないが回復可能な状態=ソフト文鎮化することもあれば、回復不能なハード文鎮化して、本物の文鎮としか使えない状態になる場合もあります。

ハード文鎮化しても復活可能な手段があるandroid端末もありますがそれは一部の端末だけです。

そんな文鎮化というリスクをとってもroot化するメリットはどんなものがあるのでしょうか


↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<





スポンサードリンク


android端末を支配できる!

androidをroot化することによるメリットは、androidデバイスのすべての操作が行えるようになること、これにつきます!

本来は制限されている機能を自由自在に使えるようになったり、保存されているデータやアプリの削除や復元などが行えるようになります。

基本、androidデバイスのCPUの処理速度などは、使用環境によって動作が不安定になったり、発熱により本体が高温になることからメーカーなどで制限が設けられています。

CPUの処理速度を向上させることをオーバークロックと呼びますがroot化すれば、本来定められている制限を超えた処理速度に変更することが可能で、アプリの使用がより快適になります。

そんなオーバークロックの操作も非常に簡単に行えて、手軽に簡単にデバイスのパフォーマンスを向上させて、アプリの使用を快適にすることができます。

しかしオーバークロックをやり過ぎと、純粋にSoCの寿命が縮む、過度の発熱、過度の発熱によるバッテリーなど部品の劣化、など起きることがありますので加減も大事です。

オーバークロックによるパフォーマンスの向上だけでなく、あえてCPUの処理速度を落として消費電力を極力減らして、バッテリーを長持ちさせるなどの使用方法もあります。

さらに本来は使用できない様な便利なアプリを使用して、間違えて消してしまったデータの復元なども行えます。

root化必須で取り扱い注意なアプリをつかえる!

androidにはアプリがたくさんありますが、これらのアプリの中にはroot化をしなければ使用できないものもあり、それらroot取得済(rooted)android端末専用アプリを使用できるのもroot化するメリットと言えます。

既に削除してしまったデータやアプリなども、復元アプリを使用することで元通りに復元することができ、デバイスをより活用できるようになります。

その他にも数百以上の便利なアプリがあり、これらのアプリを使用することで、ゲーム機のコントローラーがandroidデバイスで使用できたり、LED通知をオフにするなどの機能を持つ物もあります。

これらの便利なアプリを上手く活用することで、使いやすくて便利なデバイスにカスタマイズすることが可能です。

rootしなければ使用できない便利なアプリの中には、本来は削除できないあらかじめインストールされているアプリなどを削除できる物もあります。

あらかじめインストールされていても、使用する機会のないアプリを削除することでメモリの使用量を減らしてパフォーマンスを向上させることが可能です。

パフォーマンスの向上だけでなく、データやアプリを保存しておくROMの容量を節約して、好きなアプリや写真を沢山保存できるようにすることも可能です。

androidOS(システム)を改変できる!

外部ストレージ(SDカード)や内蔵ストレージはもちろんandroidOSが保存されているシステム領域もファイルの削除や変更ができるのできめ細かいカスタムもできます。

例えば、ハードが対応していれば送受信できる周波数を追加したり、必要性は別としてLEDライトを限界以上に発光させるなどがあります。

でも技適マークがある機種でも周波数を変更すると電波法に抵触する可能性も出てくるので気を付けて下さいね。

またLEDライトを限界突破させると球(LED)切れや発熱、火災の原因にもなるのでこれも注意が必要です。

ただしシステム領域をいじくると一発で起動不可になることもあるので慎重に作業しましょう。

とはいえ初めて試す作業には失敗がつきものです。

正直、細かいカスタマイズを行ってandroidOSが起動しなくなったことは数え切れないほどあります。

そんなときにもandroidOSをバックアップしたりリカバリできるroot取得済端末にインストール出来るリカバリツールが役立ちます。

カスタムするときには入念な準備と細心の注意が必要ですよ。

まとめ

超省エネモードや再起動の項目追加など、昔は標準で備わっておらずrooted端末だけの専売特許でしたが、今では普通にこれらの機能は備わっています。

それ以外にも最近の機種では標準のままでも便利になってきているので、「rootを取得する必要性なんかない」と言われがちです。

しかし、androidをroot化するメリットには、先ほどお伝えしたデバイスのパフォーマンスの向上やデバイスのカスタマイズなどが真骨頂であり、2017年現在でもメリットは十分にあるといえます。

↓↓期間限定ピックアップ記事!↓↓
>最新スマホを入手し続けるにはサイトの書き手へまわるのがベスト!<




スポンサードリンク